ドライスーツのインナー保温

ドライスーツのファンサイトです。

ドライスーツで潜ろう

ドライスーツのことなら何でも分かるサイトにして行こうと思います。
ドライスーツに関する疑問質問お待ちしています。
メールで質問する。

メインメニュー

ドライスーツ インナー

インナーを考える

断熱材=空気と考えると、起毛や中綿の入った素材がベストと思います。それと動きやすさを考慮に入れてインナーを選ぶといいと思います。保温性があっても、硬いインナーは動きにくくて着ていて疲れるので気をつける点です。

ドライスーツ インナー

水圧にも強いインナー

暖かくするには空気をたくさん含めるダウン系のものが最適。ダウンには動物性の繊維と科学繊維のものがあります。動物性のダウンは水圧が掛かるとつぶれて戻らなくなってしまうのが問題です。化学繊維のものは圧力が掛かっても反発する力が強く低下しにくいのでダイビング用に最適なのです。

ドライスーツ インナー

水没の可能性

ダイビングでは水没。または汗による洗濯などもあります。先の動物性の物は繊維に油分が残っているので暖かいと言うことが在ります。洗濯や水没でその油分が落ちてしまうことが問題です。そこでポリエステルなどの化学繊維の場合その辺が関係ないのでダイビングに最適です。
(左の写真はお勧めインナー費用対効果が一番良いと思うインナー。ダイビングやでは売ってない厚手の肌着です。)