ドライスーツのグローブ

ドライスーツのファンサイトです。

ドライスーツで潜ろう

ドライスーツのことなら何でも分かるサイトにして行こうと思います。
ドライスーツに関する疑問質問お待ちしています。
メールで質問する。

ドライ用グローブ

グローブ(冬用)

水温の低下により手のかじかみ、寒さを超えて痛くなる場合もあります。これを防いでくれるのがウインターグローブの役割です。水温や動きやすさを考慮して、選ぶといいです。

ドライスーツ グローブ
ドライスーツ グローブ
ドライスーツ グローブ
ドライスーツ グローブ

ウインターグローブの種類
暖かさと、動きやすさのバランスで選ぶといいです。左の一番上は完全防水のグローブで水中でも手が濡れないのでエキジット後も気化熱で手が冷えることがないので格段に暖かいです。特に風の強い日はエキジット後が冷えるので重宝されます。
また、グローブの裏地は水切れが早く、脱着がすばやく出来るものがいいと思います。2本目グローブが冷たくなって付けるのがおっくうになる場合があるので、水切れが早いほうがいいかなと思います。もしくは休憩所までグローブをして行って、シャワーのお湯で温めて装着してから休憩所を出発すると言うのもありですよね。
左のグローブの写真は上から。
・防水グローブ(手が濡れない)
・ミトングローブ
・5本指グローブ
・1mmウインターグローブ