ドライスーツの補強

ドライスーツのファンサイトです。

ドライスーツで潜ろう

ドライスーツのことなら何でも分かるサイトにして行こうと思います。
ドライスーツに関する疑問質問お待ちしています。
メールで質問する。

メインメニュー

ドライスーツの補強

ハードな作業の方やドライスーツを長くしようしたいと思ったら、補強をお勧めします。どの補強が必要か?全部をつけるとやたら重くなったりもするので。どこにどんな補強が必要か考えてきましょう!

ドライスーツの補強

ひざの補強
これは一般ダイバーでも多く使われています。ドライスーツのほぼ9割の方が何らかのひざの補強をしています。
水中でひざ立ちの姿勢になることで、膝から壊れていきます。これを防止するためです。

ドライスーツの補強

脇の補強
ハーネスのみで潜るような方やDカンを取り付けたりすると脇部分がすれる様になるので補強が必要な場合が在ります。

ドライスーツの補強

お尻の補強
休憩時間にドライスーツを着たまま座ったり、器材を座ったまま背負ったりする方でお知りが擦り切れる場合があります。
足裏以外で一番重さが掛かるポイントだと思います。

ドライスーツの補強

バルブ周りの補強
バルブ周りはBCを背負う時に引っ掛けることが多く、剥離の対処用です。

ドライスーツの補強

ひじの補強
一般ダイバーは使うことが無いと思いますが、狭いところの作業潜水の方などが使っているようです。